島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

八日目の蝉

e0038376_2035218.jpg『八日目の蝉』
角田 光代
中央公論新社

第一章は希和子に移入。こんなに大切にしてるんだし、当初は探されなかったんだし「空っぽ」なんて言われたんだし構わないのではと思いつつ。
第二章で、存在するだけの父親役に驚きながらも、懸命にもがく薫に移入。
最後が美しすぎて、自分にはあまりにもリアリティがなかったけど。

自分だったら、実家には言わないだろうなと。
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-12 20:12 | book
e0038376_19293985.jpg『鉄子の旅 』2〜4 (IKKI COMIX) 菊池 直恵 横見 浩彦

レールクイーンの踏み台になる菊池さん。
線路から線路まで(駅から駅まで)6kmほど歩かされお弁当しか楽しみがない菊池さん。
化粧室の件すら編集さん&横見さんに気遣われていなかったとは…可哀想です。
それにしてもスイッチバックという単語&機能が当たり前のように飛び交ってますが、一般人は知りません(よね?)。鄙びた駅なら駅程良いってところが、鉄好きなら出はな感じです。

e0038376_1939144.jpg 『エルフェンリート』 1-5 (ヤングジャンプコミックス) 岡本 倫

或る女性が進めてくれたので着手。男性からだったら手に取ってないです。
展開は面白いんですけど、出てくるキャラが「うにゅ?」しか言わなかったり、女性の胸をまさぐったり語彙が少ない系統なので、ちょっとうんざりします。
でも12巻まで何が起こるか分からないので、最後まで読みますとも。
『GANTZ』系なら大歓迎なんですけど。絵柄が小畑さんや奥さんだったらグロすぎて読めないかもしれませんが、ちょっと観てみたい。でも菊地秀行氏な世界になってしまうだけか。

e0038376_19451595.jpg『とある魔術の禁書目録(インデックス) 』1-2
鎌池 和馬/近木野 中哉
てっきりもっと衒学的だと思ったんです。奈須氏や古野氏っぽいかと思ったんです。せめて冲方丁の近似系かなと。電撃だし…。原作は違うのかもしれませんが、漫画はそんな切り口を求めてる人向けではありませんでした。

e0038376_19495418.jpg『シュヴァリエ 7』
夢路 キリコ /冲方丁
講談社

ゴスロリがさほど好きではなくても、この絢爛な衣装は毎回楽しいです。デオン君…いやリアはそれでは動けないのではって格好とヒールですが、地味な格好でサンジェルマン伯爵が登場しても全く嬉しくないので、こちらの方が嬉しいです。
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-09 23:18 | comic
e0038376_1955765.jpg
『QUO VADIS~クオ・ヴァディス』
新谷 かおる/佐伯 かよの
幻冬舎

あまり書店で置いてないので、悲しい。奈須きのこ氏ものくらい書店に置いてほしいです。
ヴァンパイアのオリジンからサード、そしてヴァチカン。
魔女狩りを避けある樹の中で数百年の眠りについた「教授」。
新谷かおる氏のシナリオは面白いのですが、佐伯さんの漫画もずっと読んできた自分は、キャラの描き分けで性格が分かってしまっているのがちょっと寂しいです…。
e0038376_19573514.jpg
読んでいくと他の星から移住してきた人達?とも思います。
現在3巻まですでが、話が広がりヨシュアやマリアまで出てきて…当たり前ですが『聖・おにいさん』とは全く違う。


e0038376_19563414.jpg
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-08 20:22 | comic

スカイ・イクリプス

e0038376_20155334.jpg


森博嗣
中央公論新社





空で、地上で、海で……彼らはそれぞれの場所で生き続ける。望み、求め、諦め、憧れながら。
物語の「謎」が、今、明かされる……!


最後の作品は、この8つの単行本と映画の後に読むと、ますます良いです。
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-08 20:17 | book
e0038376_19445448.jpg
探偵小説のためのヴァリエイション「土剋水」
古野まほろ
講談社

「水里あかね、殺人未遂容疑で緊急逮捕する」住田温泉に響く冷たい声。
嘘!! あたし人殺しなんかじゃない。それとも不思議系妄想が現実になっちゃったの!? 誰か助けて!!
競技かるたタイトル戦をめぐり発生した陰惨な3人殺し。
でも大丈夫。きっと天才美少女陰陽師(自称)のコモが超絶論理探偵術で助けてくれ……ってコモ、コモ何するの!?


天帝シリーズの方が好きですが、古野分が足りないので、こっちも読んでます。でも2冊目になったら読み易くなってきた。
現在の設定ではないもののサブカルなところではダーマ&グレッグのシーズン4、西澤保彦、秋せつら、ハマーンの野望等に嵌ってるコモ。しかもチョーモンインの西澤保彦なのでちょっと嬉しい。秋せつらに関しては、古野氏の官能成分は菊地さんからも来てるのかいと嬉しくなる。弟氏の音楽もきっとお気に召してるでしょう。

よりましの謎はまだ明かされてませんが、きっと4部作だと思うので、あと2作楽しみです。でも天帝シリーズを早く!
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-08 19:51 | book

ウィリアム・フィクナー

オノナツメ(basso)氏の老眼鏡スーツ紳士って、日本にはなかなかいませんが、プリズンブレイクのシーズン3を観て、マホーンなら…と思えて来た次第。
52歳ならきっとそのカテゴリ。
写真はあまり官能的なのがなかったのですが、PB3から4のマホーンは素晴らしい。
演技も上手いし。

『ダークナイト』のみならず、
『俺たちフィギュアスケーター』にも出てたんですね^^;
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-05 23:21 | life
e0038376_19333714.jpg
『プリズン・ブレイク シーズン3』
出演: ウェントワース・ミラー, ドミニク・パーセル, ウィリアム・フィクナー

舞台は自由の国アメリカから、灼熱の太陽輝く南米パナマへ。
刑務所よりも最悪なSONAからマイケルは生還できるのか!?


2日で一気観。
マイケルは相変わらずIQ200ならではの活躍で、頭脳戦はマホーン分も加算されるわ行員役にはない苦悶ぶりがエロいわと堪能しましたが、ラブ要素が少なめなのでその辺りが物足りないかな…。
修道女だけじゃ全然焦らされないですよねー。

日本の女優もそうですが、綺麗な人って、ボツリヌス注入してるからか、表情がないんですよね。マイケルも表情があんまりなくて、ちょっと。折角美形なんだからボロボロな表情をしても綺麗…いや、セオドアには可愛いっていわしめてほしい。

シーズン7まで制作予定と聞いてしまって、それはそれで、マイケル不死身が続くのかと思うとちょっと…。『警官の血』みたいにならないですかね。あ、一応父の敵を兄弟で討ってるんでしたっけ。
[PR]
# by nm73tsrm | 2008-10-01 19:40 | life