島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今しか出来ないことを

『ジベルばら色』鴨居まさね (クイーンズコミックス)

しっかり発売日に購入、画像を貼ろうとしましたが、ググっても、ない…。
作品名だけ入れると、案の定、医療用写真ばっかりです。元気が無いときはあまりググラらない方が。
観たい方は、作者さまのブログで御覧になると、単行本とかわええ方が一挙に拝見出来てラッキィ。

田辺さんの小説を漫画化したのもそりゃ良かったですけど、やっぱりオリジナルが嬉しいです。
「サインはB!」は、見逃していたのですが、今しか出来ないアレはやっぱりやらなきゃってのと、あの肉質が好きってところが、あぁやっぱり鴨居さん…!!と勝手に移入。かーくんは前の作品より男前になってるし、はぁあ〜お待ちしておりました、鴨居さん!と。

「君の天井は僕の床」の老眼鏡ネタも良かったです。女同士の良い感じの付き合いを描くのが相変わらず秀逸です。
他にも沢山秀逸ですが、キスケさんの良さはあんまし声高に言いたくないです。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-20 00:19 | comic

金色のまどろみ

そういや読んでたなシリーズ。

『ゴールデンスランバー』

本当に、ひとつひとつのエピソードがカッチリ噛み合ってて、結末もちゃんとしてるんだけど、無駄がなさ過ぎてキャラクターが要らないんじゃないか?ただのパズルゲームだけとしてコマをずらしてくれれば良いんじゃないか?と。

島田荘司みたいに、目をそむけたくなるようなエピソードを並べられてるのに、読むのを止められないというリーダビリティがあれば違うのかもしれないけど、きっと私以外はリーダビリティを感じているんだろう。

『ラッシュライフ』でもうううん?と思ったけど、真面目過ぎるのかなぁ。
宮部みゆきの現代もので、風変わりなキャラや、水商売や風俗さんが罰せらるように死んでいくのが鼻についてしまうような人は、マジメなイサカワールドはちょっと…なのかも。

そんなことを思った後に『ディスコ〜』を読んだので、嵌る嵌る。

今は、天帝以外のまほろものを手にしてますが、主人公が、潰れコアラの(中身だけ)女性版みたいでツライ。出来れば文体はまほろ語にしてほしかった…。

五條さんの歌舞伎町シリーズの新刊が出てたので、早めに読みたいものです。

あと駆が日本に来てるらしいので、ちょっとお金かかるけど会いに行かねば。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 23:54 | comic

クリミナル・マインド

『クリミナル・マインド』

検屍人シリーズとライトな押井ファンなら、楽しめるんじゃないかな。
バトーさんを罵倒するな!って怒るようなファンはダメだ・笑!


はー舞城の『ディスコ〜』、SFとしてもっと読まれないかなあ。
アメリカで!

奈津川って名前を見るだけで未だに心拍数が上がる自分。


そういやハリーの最終巻も読んだんだった。あの役柄の彼のは感心したけど、他は特に…上巻なげー、なげーよ!もっと絶望的に書いてくれないと平坦過ぎてツマランよ、と思った気がする。2日で読んで人にあげちゃった。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 23:20 | life

寿命は、ことほぐいのち

e0038376_22192086.jpg

気狂いピエロで泣く、というカテゴリ?
実はアンナに感情移入して泣けなかった派。


新刊があると聞いてはいても、画像がなかなかなくて、これは集団で新刊が出たというブラフをかましてるのか、奈津川サーガを待つあまりの夢なのか?とまで疑うが、新刊がある、本屋に行けば良い、と考えるだけで、妄想が出来る程、楽しい。(雑誌は二郎の恋人の話まで読んで、なんとなく雑誌では読むのを止めた)

明日、舞城の新刊を買うぞ!読むぞ!とワクワクしてたら(毎日書店に2軒寄ってるのに、置いてないか目に入ってない悲しさよ)、舞城脚本でラブラブな湘南フェロモン放出男とLの世界入った、アルモドバル的展開の夢を観た。
仕事を休んで観続けるべきか、アラーム音で悩むくらいだったが、新刊を買う為に出社した。

ランチの時間に分厚い頁を捲って、最初の一言。
舞城の言葉は、舞城の思考で言葉で考えさせてほしい、感じさせて欲しいと願わせる。

一番好きな『九十九十九』以上の長編なんて、終わりたくないが、サクサク読めるような展開でもないので、大切に読める。
夢もディスコベースの夢を観て、大変。

ラストは、こーでなきゃ!と思いつつ、舞城の愛し方はやっぱり男性だなぁと思う。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 23:19 | book
『へうげもの』も『かぶく者』(2巻からぐっと面白い)も当たり前のように面白い。
『鈴木先生』は小川の家庭訪問も魅力には勝てず、買ってしまった。しかも爆笑してしまった。しかし妄想も禁止されるような結婚は自分には無理だ。聖人か?鈴木先生…でもそれがバレた彼の妄想がアレだからな…いきなりヨシュア君達のようなおにいさんにはなれまい。
川本真琴の『桜』じゃないけどできないできない〜♪って歌ってたら、アクションの展開は大変だ。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 23:09 | comic

むげにん

ずっと誤解してた『無限の住人』。もっと松本大洋的な抽象的な時代劇かと思ってたので。
1 こんな序章だったんですね 無限、納得
2 武器屋24時間や槇絵ねえさん、素敵です
3 仇でも憎めない奴
4「無限」に続く仇打ち
5 組む?
6 強くなれない理由
7 ジョンレノン「勝てる気がしねえ」
8 百琳ネエ素敵 絵師久し振り 関所抜けって…
9 無骸流について
9 裏切りと協力
10 ヒールの仕掛け
11研水どうして?
12天津くんハイ!最高
13アカギ=吐 鉤群
114吐ひどいやつだ
15江戸患いって脚気
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 23:08 | comic

Lの言葉

SATCではミランダ役を押し付けられたこともあり、話もアホじゃね?と移入出来ないままでしたがLは…Lは良い。ってことは、私はビアンまるだし?

マリーナ・フェラーMarina Ferrer (カリーナ・ロンバード)がすっごい美人の設定らしいが、豊川悦司にしかみえない。スミマセン。
シェーンはいつでも女性が言って欲しい言葉を言ってくれてて、目で殺されるーギャーってことより、言葉の方が痺れる。
シーズン3まで上手くいかない展開な気も…。

月ー金の帰宅後シーズン2のラストまで観てしまい夢中。いやー毎日レンタル店に通ってました。
シーズン1のオープニングが凝っていて大好き。ファッションも素敵だし、カップルの悩みも分かり過ぎる…。
ほんでティムの乗っかって動いてるだけのSEXに爆笑。ミア…じゃないこんな小柄なジェニーにそんだけで入るか!しかもちゃんと良かったか聞いて確認してる。救いようが無い。

いつでも傍らで静かに微笑んでるよーな女性は勿論一人もおりまへん。がSATCのよーにギャーギャー喚くだけの女もいない。Lの世界の映画のが観たい。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 22:46 | life

世界まるごと

すごく面白かった本以外は面倒でUPしなくなったら、舞城くらいしかなかった。
記憶からも無くなりそうで、それで良いんだけど、メモっとく。

『世界まるごと質問箱』

NHKのラジオの世界の質問をまとめたもの。でも国が偏っているので、もう少しまんべんなく知りたかった。

『ばいばい、アース』

なんだかんだ言って、ウブカタさんの本は読んでしまう。ばいばい、アースでデビューかと思ってたら、違った。
オイレンとシュピーゲルも共に3まで読んでるけど、まだM・スクランブルが一番好き。まさか寺田氏の絵が良過ぎたからではないかと思う。続編より、バロットとウフコックが好き。

『映画欠席裁判3』
これで終わりなんて…。映画判『社会派君が〜』だと思っていたのに。
最近ヌーベルバーグの映画監督はに二十代前半で観ておくべきだと実感してます。もうあんなに痛々しく世界を感じられない。

『血烙』堂場瞬一
シリーズをこれから読むのはいけなかったかもしれないが、この後最初から読もうとか、次は!?とかなかったらしく1年程前に読んで忘れたきり。

『イタリアで大の字』 小栗左多里
ベイビイが幼そうですが、一緒に旅が出来るのは良いなあ…。

『処刑御使』荒山徹
もっと山田風太郎っぽくなってたら…かな。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-08-18 22:34 | book