島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Classical Fantasy Within 2&3

e0038376_2271719.jpg
『Classical Fantasy Within 第2話』
島田 荘司
講談社BOX
(2008/02)
大戦末期、日本全土を空襲し続けるB29を撃墜すべく極秘に開発された日本陸軍の最新秘密兵器・怪力光線砲。しかしその真の姿には、誰もが予想だにしなかった"ある目的"が隠されていた――!?研究者・「ミツグ伯父さん」の手によって鳴り響く雷とともに装置が発動した瞬間から、めくるめく数々の怪異が「ぼく」を襲う!
怪力光線砲の種明かしを早くみたいものですが、このシリーズが終わるまで待たなければならないようです。
それにしても綺麗なお母さんを人体実験って。


e0038376_22115334.jpg
『Classical Fantasy Within 第3話』
島田 荘司
講談社BOX
(2008/3/4)
“ゴッド・オブ・ミステリー”こと島田荘司があの士郎正宗とタッグを組み放つ、全12巻!
ゴッド・オブ・ミステリーって、九十九十九のキャラ名としか感じられない。
ファンタジーといっても、少年の夢は、爆撃と戦時中に限らずプライドの無い官吏によってボロボロになってますけど…。
お母さんは、別人になったとしか思えません。
この終わり方で、4って狡いですよ。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-09-28 22:14 | book