島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

乱鴉の饗宴 上

e0038376_20482546.jpg『乱鴉の饗宴 上 氷と炎の歌 4 』
ジョージ・R・R・マーティン (著), 酒井昭伸 (翻訳)  
520頁 早川書房 (2008/7/24)

ロバート一世の死後、七王国全土を巻き込んで繰り広げられてきた“五王の戦い”は、新たな局面を迎えていた。破竹の進撃を続けていたスターク家の狼王ロブが、フレイ家の卑劣な裏切りに斃れ、〈鉄の玉座〉とその後ろ盾のラニスター家が優位に立ったのである。
覇権を盤石なものにすべく、ラニスター家が打った次なる手は、婚姻を通じて南部の大家タイレル家を取り込むことだった。だが、少年王ジョフリーは結婚披露宴の席上で毒殺されてしまう。その責めを、みずからの姉、王母サーセイ太后に負わされた〈小鬼(インプ)〉ことティリオンは、兄ジェイミーの情けを受け、密かに脱出するが、その際、〈王の手〉である父タイウィン公を殺害してゆくのだった……。
盤石に思えたラニスター家の体制にも翳が差し始めた。その機に乗じて鉄の玉座を狙う各地の諸公が跋扈する。七王国は新たなる戦嵐の時代を迎えつつあった――世界20カ国以上で愛され、ローカス賞を三度受賞した至高の異世界戦史、待望の最新刊!


6時間位かけて読みました。

訳者が変わった、文体も変わった位は耳にしていましたが、1年程前に読んだ作品の記憶を呼び起こすのに、違う名称にさせられては…。挙句、地名も変更になってるとは。ぐいぐい読める作品なのに、今回は結構苛々しました。ストーリではなく、確認に。
ハリポタみたいに、規模も登場人物もシンプルではないので、途中で訳者が名称変更するのは辛いです。

あん?ブリエンヌって誰?って思う程でした。表紙の人ですよね…。

デーナリスが上巻にいないので、地味な感じ。サーセイでは華が足らないです。下巻に出て…来ないだろうなぁ。

でもこれから下巻にとりかかります。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-09-23 20:57 | book