島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

死の針

『針の眼』ケン・フォレット (著), 鷺村 達也(訳)

DVDではドナルド・サザーランドが最高!と評判が高かったものの、やっぱり観る前に原作が読みたかったので、読みました。
スパイは、今なら「顔を見られたら殺せ!」だと思うのですが、滅多斬りにすることなく、笑って済ませていたりして、現代からするとちょっと抜けてるような味が良い感じです。

他のも評判が良ければ、手を伸ばしたいのですが…どうだろう。

夏に読もうと思っていた『乱鴉の饗宴』にやっと、とりかかれました。
これは、通勤にも持っていってしまう恐ろしいシリーズ…。
[PR]
by nm73tsrm | 2008-09-21 20:51 | book