島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

虐殺器官

*[book]『虐殺器官』
伊藤 計劃
早川書房
e0038376_520370.jpg

〈ハヤカワSFシリーズ Jコレクション〉後進国で頻発する民族虐殺の背後には謎の米国人ジョン・ポールの存在があった。米情報軍のクラヴィス大尉はインド、アフリカの殺戮の地にその影を追うが……小松左京賞最終候補の近未来軍事SF

某ブログさんで読書会『虐殺器官』を催していらしたのが、面白かったので、読んでみました。入浴しつつ読みましたが、非常に読みやすいので、数頁で「これでは湯冷めするまで湯船から出られない」(うちは24時間風呂ではない)と気付き、一旦あがってから読みました。甘えん坊の旦那や子供が居たら出来ない行動です。

頭文字Dネタや色々な映画、ゲームに根ざしているだろうネタがありましたが、それも楽しんで読めましたし、虐殺の○法や罪悪感に関しても男性いや軍隊?らしいなと思いつつ読みました。

自分だったら『収穫祭』で読書会やりたいかも。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-12-02 05:30 | book