島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゆらぎのないほどほど

*[book]『失踪症候群』貫井徳郎 双葉社 (ISBN:4-575-50636-2)

"症候群"3部作の第1弾。警察が表立って動けない事件に対応するチームが警察庁には存在する。
貫井氏の文章はかなりウェットなので読んでいて(私は)鼻白んでしまうのですが
文章は非常に読みやすいです。
叙述式。

*[book]『殺人症候群』貫井徳郎 双葉社 (ISBN:4-575-51014-9)e0038376_21125311.jpg

人を殺したいと思うことは、本当にいけないことなのだろうか──

この書評で、それまで
小学生までミステリを読まず、例外的に島田荘司と森博嗣を読むくらいだった私が、
ミステリにのめり込んでいきました。

読んでいる間も、読んだ後も、辛いものがあり、様々な犯罪や心理に移入することに
今まで以上に浸ることになっていきました。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-06-07 07:53 | book