島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

水軽くのんで笑って花粉病/パタリロ!一気読み<4>

*[comic]『パタリロ!(11)』魔夜 峰央 白泉社 (1982/03) ISBN-10: 4592111818

「プラズマ・パパ」スクンが登場。色気虫です。
「待ってます」マライヒのギムナジウム時代の話。
「プララ」プイズマファミリーに、赤ちゃんロボットが…。
「その男バンコラン」では黒タマネギ初登場! ラストで、パタリロはバンコランに甘えられるか?

*[comic]『パタリロ!(12)』魔夜 峰央 白泉社 (1982/04) ISBN-10: 4592111826

「霧のロンドンエアポート」美少年バンコランとデミアン。如何にバンコランは、バンコランになったか。そして麻薬を憎むのか。…長編です。

パタリロシリーズではない怪談は「茸ホテル」。これは「パンドラキン」シリーズかと。

*[comic]『パタリロ!(13)』魔夜 峰央 白泉社 (1982/05) ISBN-10: 4592111834

「やっぱりプララ」反抗期の彼女は…。
「ベルサイユのヒマワリ」、あの有名作品のパロディでしょう。でも上手く出来てます。
「アイ・ラブ・マライヒ」パタリロの変装そっくりさんがマライヒに惚れて…?
「タロット輪舞曲」ザカーリとバンコランが出会います。哀れザカーリ。

*[comic]『パタリロ!(14)』魔夜 峰央 白泉社 (1982/08) ISBN-10: 4592111842

「ファントム」はマライヒ対決ザカーリ!更に魔術師ミスター・フーも入ってバンコランへの恋の三つ巴。
あのパタリロが「花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ」と。渋いですね。でも最後はクックロビン音頭です。昭和57年でもまだクックロビン音頭は単行本に出てきたんですね。
「αランダム」妹プララが友達が欲しいということでお兄さん登場。
「マライヒの季節」ではマライヒ日常が読めます。

*[comic]『パタリロ!(15)』魔夜 峰央 白泉社 (1982/11) ISBN-10: 4592111850

プララが主人公の巻。
「さよならアフロ」「悲しみのプララ」「さすらいのプララ」「あぶないプララ」
「君の名はプララ」
面白かったネタでは、バンコランは「トシちゃんより元気のいいマッチのが良い」そうです。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-03-30 08:48 | comic