島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

エンデ

*[book]『はてしない物語 上』ミヒャエル・エンデ 岩波書店 (ISBN:4-00-114501-4)
e0038376_3164880.jpg

バスチアンはあかがね色の本を読んでいた−ファンタージエン国は正体不明の〈虚無〉におかされ滅亡寸前.その国を救うには,人間界から子どもを連れてくるほかない.その子はあかがね色の本を読んでいる10歳の少年−ぼくのことだ! 叫んだとたんバスチアンは本の中にすいこまれ,この国の滅亡と再生を体験する。

1979年に発表されたそうですが、私が幼い頃に、いつの間にか本棚に置かれていました。
『星の王子さま』と一緒に。

星の王子さまはアニメがあったかと思うのですが、
エンデは映画があり、岩波ということもあり、それで「推薦図書」ばりに置かれていたかと。

親に反発していない子なら、読むのかもしれませんが、
自分が読むものは自分で決めたい。皆が読んでるなら、特に読む必要はないと
思ってしまうひねた子供だったので、
そのハードカヴァーの本の頁をめくることはありませんでした。

そして、自分の子供が中学生になってもおかしくない年齢になって
やっと読んだのですが、
誰しも思うように、小学校低学年のうちに読みたかったかも。

今読むと、この本の追随作品のパスティーシュばかり目についてしまって
なかなか物語に夢中になれないのです。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-03-13 03:16 | book