島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

老人たちの生活と推理

*[book]『老人たちの生活と推理』コリン・ホルト・ソーヤー著  東京創元社 、2000年7月発行 e0038376_240593.jpg

砂浜におりる階段の下にころがった死体がアンジェラのものなら、誰もが他殺と決めてかかり、少しも驚かなかったろう。たとえ全身に蜂蜜を塗りたくられ蟻塚の上に縛られているのを発見されたとしても、ショックを受けるのは仲のいい数人だった。だが、死体の主はぼんやり者のもと司書で…?尽きせぬユーモアとペーソスで年寄り一同の生活と推理を綴る、老人本格推理の妙味。

私もそろそろ、この舞台となった高級老人ホームに入る準備をしようかな〜♪
と思って読みました。
年がいって判断力が鈍った人間は、醜い人間より見た目が美しい人間の話をよく聞いてしまう傾向がある、日本のある超高級老人ホームは、美男美女ばかりだそうです。

でも、この舞台となったホームの女性陣は、
"判断力が鈍った"という傾向がないので、意味がないかもしれません。

海外のミステリーは、日本の作品に比べて、ポンポンと痛快な科白が出てくるのが読んでいて楽しいところですが、この作品も読んでいて全く飽きません。

謎解きも、カヴァー絵から連想してしまうような、いい加減なものではなかったので、毛色の違うミステリをお探しの方、お勧めです。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-03-13 02:40 | book