島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ひび割れる風景

『Paprika』全く期待していませんでしたが、原作が原作なので、どんな風に映像化してもつまらなくはならないだろうと思っていました。

原作とは、勿論違います。
90分の中なので、それは納得してましたが、
これは、なかなか…というかよく出来てます。
素敵な映画はOPからしてひと味違いますが、勿論、これも。

まず、音楽がかの平沢進氏であったことに、「なっ懐かしいーー!!」と何の感慨もない隣の観客に迷惑をかけてしまいました。
でも映画において音楽は非常に大切だと常々感じているので、非常に嬉しかったです。EDまで。なんと無料DL可能です。TESLAKITE FREE MP3s

このEDを聴きに、再度映画館へ行こうかと思っていたので、とっても嬉しいです〜。
聴いても、聴いてもパプリカの映像が繰り返し出てきてしまいますが…。
稀に音楽のみが突出して良い映画もあるのですが、これはPVのように観えてくるもので、パプリカは映像も、脚本も音楽も素敵でした。パプリカも成熟した少女だし。

『パプリカ』エンディング・テーマ「白虎野の娘」が、第79回アカデミー賞オリジナル主題歌賞に堂々のエントリーを果たしました!厳選された57曲のエントリーの中から、来年1月23日に最終ノミネート(3〜5曲)が発表されます。

フランスではパリ、リヨン、ボルドーなど42都市、51スクリーンで上映中です。日本映画のファンも多いパリでは何と同時に5館で上映中!


パリでウケそうですね、非常に。
[PR]
by nm73tsrm | 2007-01-05 13:57 | life