島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その年齢でしか言えないこと

菊地氏が対談したから言う訳ではないのですが、
中学生からツツイストになった自分には、断筆宣言は勿体なくて仕方なかったです。
俳優等でお姿を見かけることはあっても、あのグルーヴ感あるSFは筒井氏だからだと。
友人は☆ファンでしたが、やはり自分はツツイ氏でした。過剰が好きなのは、このあたりからなのか…。
そして現在は菊地氏。ここに着地するのですね。
今日は林檎の店に行く予定です。

*[book]『天狗の落とし文』新潮社 ; ISBN: 4101171467e0038376_6363742.jpg

抱腹絶倒のショートショートから、脳天直撃の言語遊戯まで、断筆宣言時代をはさんで10年にわたって著者のもとに降ってきたヒラメキ全356篇。あふれかえったアイデアは天才作家の本領全開。ネタを自由にふくらませて、純文学、エンターテインメント、SF、シナリオなど発展可能性は無限大。絢爛豪華なネタの玉手箱にして、文学史上初、「全作、盗作自由」の使用権フリー短編集。

文学史上初、「全作、盗作自由」!くー素敵!
ミステリ作家に対する挑戦も含まれてます。叙述&言語トリックが得意な作家向けです。

簡潔で無理無駄ムラのない文章ばかり。
アイデアは惜しみなく出すほうが、どんどん出てくるというのは本当です。
[PR]
by nm73tsrm | 2006-05-17 06:36 | book