島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

つらいなら、それは愛ではない

毎日新聞に嬉しくない記事が。

『DVハンドブック』を読んで「結婚経験者の6人に1人の女性がDVを受け、20人に1人が命の危険を感じたことがある」のは多過ぎじゃない?と思ってたのですが、今回の記事でもっと増えているのに驚きました。

男性も「自分の娘がDVを受けたら」と考えたら他人事ではなくなるかも。

男女間暴力:3分の1の妻が夫から、しかし離婚は4.7%

 内閣府が14日発表した「男女間における暴力に関する調査」によると、3分の1の妻が夫から身体や精神的、性的な暴力を受けた経験があり、10人に1人は繰り返し受けていた。しかし、被害女性のうち離婚したのは4.7%にとどまり、4割を超える妻が離婚を考えながらも踏み切れずにいたことが分かった。

 調査は昨年11~12月、20歳以上の男女を対象に実施し、約64.2%の回答を得た。被害女性のうち、暴力を受け、離婚を考えながら離婚しなかった妻(43.2%)に理由を聞くと「経済的不安」が27.7%で最多。これに「繰り返さないと思った」15.8%、「世間体を気にした」9.2%などが続いた。妻から暴力を受けたことのある夫は17.4%だった。

 未婚女性も13.5%が交際相手から暴力を受けた経験があると回答。さらに女性全体の7.2%が「異性から無理やりに性交された経験がある」とし、6割以上が「誰にも相談しなかった」と答えた。暴力の加害者は86%が夫や職場関係者など「面識のある人」だった。【渡辺創】

毎日新聞 2006年4月14日 22時27分

[PR]
by nm73tsrm | 2006-04-15 00:36 | life