島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

精神の解放

陰口は精神の解放であり、僕とて日常的に行っています。「陰口を叩かせない」という圧力がもたらす物は圧死であり、僕はそれが如何なる陰湿で毒舌な狼藉者であろうと、圧死させるぐらいなら直接手を下して殺す方がどれだけ良いか
e0038376_21472467.jpg

東京大神宮伝説恐るべし!
ここでお参りしてから、異性運が変わってますです。
おみくじは中吉でしたが。

*[book]『シモネッタ・ガセネッタ』米原 万里 文藝春秋 ; ISBN: 4167671018e0038376_21465636.jpg

ロシア語同時通訳の第一人者が綴る、大マジメな国際会議の実に喜劇的な舞台裏。国際会議に欠かせない同時通訳。誤訳は致命的な結果を引き起こすこともあり、通訳のストレスたるや想像を絶する…ゆえに、ダジャレや下ネタが大好きな人種なのである、というのが本書の大前提。「シツラクエン」や「フンドシ」にまつわるジョークはいかに訳すべきかをはじめ、抱腹絶倒な通訳稼業の舞台裏を暴いたエッセイ集。

日本では英語以外の言語が軽んじられすぎると思うのです。

一番面白かったのは、作品の長さ(短編〜長編等)はその作家が女性を口説くまでに要する長さだという点。
二枚目な作家は短編が多いとのこと。

これは軽めですが、しっかり読みたい方には『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』   新潮文庫 が良いそうです。タイトルがまた(笑)
[PR]
by nm73tsrm | 2006-03-12 21:51 | book