島森です。漫画や小説の感想が主です。TBもコメントもご自由にどうぞ。


by nm73tsrm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

9分割as精密機械

おお振りで野球を学んでいる私は、
田島は言語を絶するスターだと思ってたのですが、
「ステップして打つ」人は現実に居るそうですね。
そしてイチローはバットを片手に持ち替えて、端に逃げるボールを打ったことがあると聞き「イチローって天才じゃないですか!?」と感動してしまいました。だって田島以上ですよ!?(比較が逆…)

そして小宮山がストライクゾーン9分割出来て(でも真ん中は難しいとか)、自分で組み立てられる、首を振るピッチャーどころではない凄い投手なのだと。そしてナックルボールも投げられると聞いたような…。ルックスだけのヒゲのダンディーなおじさまだと思ってましたよ!!
男性の前で他の男性をほめてはいけないので「カッコいいだけじゃないんですね」とは言いませんでした。

現実にステップ打ちしたり、バットのグリップをずらし打ちしたり、9分割出来る人がいるなんて…。
ひぐち先生の創造は凄いな!とずっと思ってました。かわいいもんだ。
リアル三橋。e0038376_7421480.jpg
三橋にヒゲが…怪我よりこっちの方が鬱展開ですわ。

ネットでみたらナックルボールは疑問が残るものの
2005年新魔球シェイクを開発した。また持ち球は非常に豊富で、ストレートは140km/hにも届かない程度だが、シェイクを始めスライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップ、カットボール、シンカー、シュートなどまさに七色の変化球と呼べるほどに多い。
ドカベンの世界の方では…?
でも下記インタビューはまさに三橋。
http://www.sports-biz.co.jp/column/komiyama/index2.htm

ひぐち先生も私も小宮山に惚れたんではないでしょうか。
[PR]
by nm73tsrm | 2006-01-29 00:37 | life